沿革history

HOME >  企業情報 >  沿革

沿革

主な出来事
明治40年
内田増之助が故麻袋商を開業。
昭和13年
内田増蔵が「内田増蔵商店」を興す。
昭和22年
日本麻袋株式会社を設立。
昭和23年
麻袋・黄麻製品の販売開始。
昭和26年
米・小麦粉・食品等の卸売業を開始。
昭和28年
クラフト紙袋の製造販売開始。
昭和31年
武州製袋㈱を買収し、包装容器の集中生産を開始。
昭和32年
「日本マタイ株式会社」に改称。
昭和37年
東京証券取引所市場第2部へ上場。
昭和38年
ポリエチレン重袋の製造を開始。
昭和40年
兵庫工場を新設。
昭和44年
大日本セロファン㈱の芥川工場を買収し、大阪工場とする。
昭和46年
群馬工場を建設。
東京証券取引所市場第1部へ上場。
足立精米工場を建設。
昭和49年
大阪営業所を支店に昇格。
昭和53年
埼玉工場を久喜菖蒲工業団地に移転。
昭和54年
大阪工場を古高工業団地に移転し、滋賀工場と改称。
昭和57年
関東紙工株式会社(現マタイ紙工株式会社)を設立。
昭和63年
マタイ東北株式会社を設立。
平成元年
本社新社屋が落成。
東北旭段ボール株式会社を買収。
平成2年
日交レジン株式会社を吸収合併。
平成4年
市川マタイマンション、菖蒲マタイマンションを建設。
平成7年
「MATAI FLEXIBLE CONTAINER BAG CO.,LTD.(現MATAI (VIETNAM)CO.,LTD)を設立。
足立精米工場を川口市に移転し、東京工場と改称。
平成9年
立川段ボール工業株式会社を買収。
平成10年
ISO9001の認証を取得。
平成14年
ISO14001の認証を取得。
平成15年
新設分割により、食糧事業を株式会社神明マタイに承継。
平成16年
中国に江蘇中金瑪泰医薬包装有限公司およびその関連会社2社を合弁で設立。
平成17年
東京証券取引所における所属業種が「卸売業」から「化学」に変更。
平成18年
段ボール事業をマタイ紙工株式会社に承継。
平成21年
レンゴー株式会社の100%完全子会社になる。
東京証券取引所市場第1部を上場廃止する。
平成27年
森下株式会社を吸収合併。