研究所Research and Development Center

HOME >  研究所

コアテクノロジーが培う、独自性のある「ものづくり」

日本マタイの研究開発部門では、素材の持つ機能に長年培ったコアテクノロジー、知見を融合活用し、新たな機能を創造する開発活動を行っています。当社のコアテクノロジーである熱可塑性樹脂の押出・ラミネート・コーティング・印刷加工の技術を活用し、お客様のあらゆるニーズにお応えすべく、開発センターには小型、大型の試作機及び評価機器を備え、開発コストの低減や、開発のスピード化に対応できる体制を築いています。また、新技術・先端ニーズに対しても即応し、積極的に試作機・評価機器の導入を検討するなど、一歩先を行く開発志向により独自性の高い「ものづくり」を行っています。

研究開発フロー

保有設備の一例

押出ラミネーター

[特長・使用目的]

  • 新規ラミネート品の試作
  • 樹脂の選定及びサンプル作製
  • 最大加工幅:500㎜
多層フィルム押出機

[特長・使用目的]

  • 新規多層フィルム品の試作
  • 樹脂の選定及びサンプル作製
  • 最大加工幅:500㎜
シート押出加工機

[特長・使用目的]

  • 新規シート品の試作
  • 樹脂の選定及びサンプル作製
  • 最大加工幅:300㎜
インフレーションフィルム加工機

[特長・使用目的]

  • 新規インフレーションフィルム品の試作
  • 樹脂の選定及びサンプル作製
  • 最大加工幅:450㎜

開発品の一例

放射線遮蔽シート

日本マタイ研究所とレンゴー中央研究所とのコラボレーションにより開発したもので、現在も高い空間放射線量を示す地域における実証テストを重ね特許を出願したものです。

低吸着バリアシーラント

汎用のPE系シーラントフィルムとは異なり、水蒸気バリア性、耐薬品性、保香性、低吸着性などの特性に優れ、かつ低パーティクルな環境下で製造した高性能なシーラントフィルムです。